先生と生徒

入会金の仕組み

横浜の英会話教室に通う場合には、入会金を支払わなければいけないことが多いです。この入会金に関しては、初回の費用にしかかかりませんので、毎月の負担とは別に考えなければいけません。入会金は、おおむね\20000前後になっているのが特徴です。それ以上多いところもあるかもしれませんが、\50000以上になることはまずありません。入会金免除と書いておきながら、一切入会金を請求しないようなところもあります。そうすることで、安く見せるようにしているわけです。

月謝の仕組みを知ろう

これから横浜の英会話教室に通う場合には、月謝の仕組みをよく理解しておく必要があります。月謝は毎月発生しますが、休みがあった場合には、基本的に振り替えを行うところは月謝が減ることはありません。月謝が途中で変更になるような英会話教室は、意外と少ないのがポイントになります。なぜかといえば、頻繁に月謝を書いてしまうと月謝を請求する時の計算を間違えやすくなるからです。特にお金関係はクレームになりやすいため、あまりいじらないようにしているところがほとんどです。

毎月の月謝はどれぐらいになるか

横浜の英会話教室に通う場合、どれぐらいの月謝になるか気になるところです。記者に関しては、マンツーマンコースなのかそれともグループ学習なのかによって異なるところです。グループ学習の場合には、1週間に一回通った場合\20000未満になるでしょう。マンツーマンコースは、先生一人に対して生徒が一人しかいません。そのため、月謝が高くなってしまう傾向があると言えます。1週間に一回通ったとしても、\30000から\40000ぐらいのお金がかかるでしょう。

費用を安くするには

横浜の英会話教室で少しでも費用を安くするために必要なことの一つは、事前にキャンペーンなどを利用することです。特に二月から三月に入会する生徒数は重要で、この数が少なければその年はあまり売り上げが伸び悩みます。ですが人数が多ければ、それだけ売り上げが伸びる可能性が高まります。このように考えれば、二月から三月の時期にたくさんの生徒を入れるかどうかはとても大切になってくるところです。そこで、その時期にキャンペーンを行うことでたくさんの生徒を入れる仕組みを採用しているところがあります。つまりその時期に入れば、格安で入会できる可能性が高いといえるでしょう。後はマンツーマン授業などを避けてグループ学習を行うとよいです。グループ学習ならば、一コマ当たりの単価がそれほど高くないため、長期的に通っても負担になりにくいといえるでしょう。結果的に、満足度の高い勉強することができます。

広告募集中